読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金と健康について学び、豊かな人生を送る

大事だけど軽視しがちなお金、健康の知識に関して、有益な情報を提供していきます

トレーダーが学ぶべき資金管理 (適切な合計取引量)

資産運用 トレーダーズバイブル

1回のトレードにおける適切な取引量の決め方について以下で学びました。
トレーダーが学ぶべき資金管理 (1トレード当たりの適切な取引量) - お金と健康について学び、豊かな人生を送る

続いて、1日のリスク管理方法、適切な合計取引量の決め方について学んでいきます。

1. 1ユニットの1日のリスク管理

3銘柄を1ユニット取引して、発生しうる最大損失を計算してみます。

1.1 ある3銘柄の1日のリスク

1000万の投資用資金がある人は1日に全体の1%の10万円までのリスクを取れる

1ユニット 取引単位 ATR 1日のリスク
ソニー 19 100 52円 9.88万円
東京金 2 1,000 48円 9.6万円
東京白金 4 500 55円 11万円

1ユニットの取引を行っていると別銘柄でも1日のリスクをほぼ同程度に管理できているのがわかる。

1.2 1ユニットにおける1日のリスクを計算する式

ユニット数 × 取引単位 × ATR

ユニット数とは最小取引単位の一日あたりのリスク(取引単位 × ATR)を自分の資産の1%で どのくらい投資できるかの取引量。1ユニットあたりの取引量を指します。

よって、最小取引単位の一日あたりのリスクのユニット数分が1日のリスクとなります。

同じ銘柄でも投資資金やその時のATRによってユニットで表す取引量が増減する。
このようにして適切な取引量を算出でき、リスク管理が可能となる。

1.3 ATRの扱い

ATRは日々計算する必要がある。週単位、もしくは週の途中での再計算が必要。
値動きが激しい時は取れるリスクが減ります。よって、値動きの変化(ATR)を再計算し、 取引量の計算式に反映していく必要がある。

2. 適正な合計取引量とは?

一回に扱う取引量はわかりました。では、全体の取引量については
どう決めたら良いのでしょうか。タートルズ流では以下のように決めていたそうです。

適正な最大取引量(タートルズ流)

1.同一銘柄は4ユニットまで
2.相関関係の高い銘柄は6ユニットまで
3.相関関係がある銘柄は10ユニットまで
4.買いなら買い、売りなら売りで12ユニットまで

2.1 同一銘柄は4ユニットまで

1ユニット購入後にチャンスと見て、追加建玉をする場合は、最大4ユニットまで。
その後、いくら良い買いチャンスが来ても、追加建玉はしてはいけない。

投資資金が100万だとすると4%の4万が同一条件の損失リスクを被る可能性がある。

2.2 相関関係の高い銘柄は6ユニットまで

銘柄分散投資のためのルールです。

原油とガソリンなど高い相関関係がある銘柄です。
この場合、原油を4ユニット建玉していたら、ガソリンは2ユニットまでしか建玉しません。
途中で、原油またはガソリンを手仕舞いしていたら、その分は建玉できる。

他に相関関係が高い銘柄ペアは豪ドル/円とNZドル/円など。
同じ、近似セクターに属する銘柄も「相関関係のある銘柄」と捉えます。

相関係数は生き物で変化していくため、一定期間で見直しが必要。
相関係数は関数が決まっているので価格データさえ、用意できれば、エクセルで計算出来る。

投資の用語集:相関係数とは |ETF・インデックスファンドなら!『わたしのインデックス』

2.3 相関関係がある銘柄は10ユニットまで

原油、ガソリンと相関関係がある銘柄はコモディティ全般。
コモディティは金やゴム、大豆などがある。

例) 原油、ガソリン(相関関係が高いペア)で6ユニットまで買い注文をした場合は
金、ゴムなどの他のコモディティでは合計で4ユニットまでしか買い注文できない。

2.4 買いなら買い、売りなら売りで12ユニットまで

2.3の例の状態から、コモディティ以外での買いは、追加で2ユニットまでしかできない。
例えば、日経225を2ユニットまでは買い注文できるが、3ユニットは買い注文できない。

買い注文で12ユニットまで購入しても、売り注文ではまだ売りを建てることはできる。
例えば、コーンを4ユニット(同一銘柄は4ユニットまで)売り注文可能。

この時点で合計のポジションは、12ユニットの買い。4ユニットの売り。 1日当たりの全資産におけるリスクは16%

数値だけを見ると、高いリスクを取っているように見えるが、 銘柄分散と買い・売りのポジションを同時に持つことにより、リスク相殺が働いている。
16%のリスクだが、実際は、リスクが抑えられるようにタートルズは調整している。

3. ATRとはどうやって算出している?

ATRとは1日の最大値動きを指します。
これを用いて、1日に取れるリスクを計算しています。
では、この数値はどのように計算しているのでしょうか。。

ATRの概念だけでなく、数値の意味を知ることが、トレードの本質を理解し、 収益を上げることに繋がるので、理解していきたいと思います。

3.1 ATR(平均値動き)の算出方法

TR(TRue Range)をまず、算出します。

A = 当日高値 - 前日終値
B = 前日終値 - 当日安値
C = 当日高値 - 当日安値

A,B,Cの中での最大値を「1日の最大値動き」とする。

今日に関係するのは、前日終値と当日の高値、安値の値です。 この中で、一番高くなる可能性があるのは、前日終値と当日高値。 この中で、一番安くなる可能性があるのは、前日終値と当日安値。

この差の組み合わせでA、B、Cのパターンが考えられます。
この中で、一番、値動きの高いものが「一日の最大値動き」TRとなります。

その平均値がATR(Average TRue Range)となります。

3.2 ATRの種類

ATRは日本での普及度はいまちいですが、海外のトレーダーにとっては必需品であるため、 外国製のチャートシステムでは高い確率でATRがデフォルトで組み込まれています。

ATRはTRを用いての算出方法が3つあります。

数値は、ざっくり値動きの傾向をつかむことが大事だそう。
ATRの値が徐々に大きくなっているのか、ちいさくなっているのか。

単純平均(SMA)

過去20日のTRの単純平均値

修正移動平均(MMA)

当日に近づくにつれ、TRが今に強く影響を与えると考えて、過去20日の平均計算する方法。

当日のATR = (前日のATR × 19 + 当日のTR) ÷ 20

前日のATRを19日分とし、当日はTRを1日分として20日分のTRを算出し、20日で割って計算。

指数平滑移動平均(EMA)

考え方は修正移動平均(MMA)と同じで、当日に近づくにつれ、重みづけて平均計算する方法。
そして、より当日に重きをおいた計算方法。

こちらが現在、主流で使われている計算方法。この数値が表示されるチャートを使っていきたい。

当日のATR = (前日のATR × 19 + 当日のTR × 2) ÷ 21  
前日のATRを19日分とし、当日を2日分として21日分のTRを加算したとして、21日分で割って計算。  

※ATRを初めて算出するときは、前日のATRがないですが、その場合は、単純移動平均の計算方法で、 20日のTRの平均を算出してから、計算を行います。

ATR(1日にの最大値動き)を考えないと、居心地のよい、一定のトレード量を目分量で決めて、 同じだけ売買したりする。1日に80円の値動きをする銘柄と1日に40円の値動きする銘柄では 全然リスクが違います。

資産管理、リスク管理が出来るようにATRを意識していきたいですね。

次はリスク管理として、ロスカットラインを学んでいきます。
大きな失敗をせずに最大のリターンを得るためのリスク管理 - お金と健康について学び、豊かな人生を送る