お金について楽しく学び、豊かな人生を送る

大事だけど軽視しがちなお金の知識に関して、有益な情報を提供していきます

アマゾン暴落で悲惨な結果に。損切りできず。。 日本・米国株投資成績 2018/10

f:id:tamata78:20181102192429j:plain

10/9に金利上昇懸念で米国市場の暴落があり、今月は大荒れな相場となりました。
ダウ平均26828ドルから、一時24442ドルと月初から2386ドル(-8.8%)下がりました。

米中貿易摩擦も引き続き、燻っています。
また、イギリスが「デジタル課税」を20年4月から導入すると公表があり、
米国ハイテク企業の株価下落につながりました。

保有銘柄について、頼みの綱だったAMZNの暴落があったり、
日本株保有銘柄も暴落の煽りを受けて、なかなかの試練な状況になっています。

通期好決算や昇格を待って、ずるずると損を積み重ねた銘柄増えてきています。。
うーむ。個人投資家はだいぶ辛い状況ではあると思いますが、
適切なタイミングでの損切りができれば、もう少し被害は少なかったかもしれません。

辛いですが、現状を把握するためにも振り返っていきます。

保有株の現状

2018/11/03 現在

日本株

投資金額 評価金額 損益 総資産当たりの前月比 年初来パフォーマンス
2,524,300 1,982,100 -542,200 -7.52% -22.71%
年間累計損益 総累計損益
610,290 1,358,714

※税引前、配当益除く
※年初来パフォーマンスは、総投資額に対する確定利益
※年初来パフォーマンスは、年初の総資産(株、現金)に対する現状の総資産額

かなり今更感ありますが。。。年初来パフォーマンスの意味が間違っていました。。
確定利益ベースになってました。深くお詫びし、訂正させて下さい。

米国株

マネーフォワードの円換算における投資額、評価額を元に計算。

投資金額 評価金額 損益 総資産当たりの前月比 年初来パフォーマンス
3,351,815 2,972,659 69,538 -12% 3.98%
年間累計損益 総累計損益
255,931 255,931


※画像は、米個別株の部分のみを抜粋して掲載しています。

取引

日本株

売り

グッドコムアセット(3475) 100株

月次確定損益:88,910円

市場悪化懸念ありのため、優待取得の最低単元とした。

米国株

買い

アマゾン(AMZN) 3株

上記は、マネックス証券で購入。
暴落後の決算で株価上昇を目論んでの買いだったが、あえなく撃沈。損切れず、まだ保有

取引時間がプレマーケットにおいて1時間半、アフターマーケットにおいて4時間長く、有利な取引が可能かつ、
米国株をアプリで唯一取引できるため、マネックス証券をメインで使っていくことにしました。
相場が落ち着いた段階で、SBI証券から全株移管しようと考えています。

特定口座間で移管すると取得単価って引き継がれるのかな。。ちょっと不安。

SBI証券のNISA分、特定口座分、マネックス証券の特定口座分と口座が分散されてしまい、 マネーフォワードの表示も3つに別れてしまった。。そして、マネックス分は反映が遅く、株価がずれています。。 ずれた株価で一旦、集計しています。今後、是正していきます。。

売り

アマゾン(AMZN) 3株

月次確定損益:252,806円

金利上昇の月初の暴落のため、NISA分の半分を売却。

振り返り

今月は市場悪化で損益拡大、アマゾン売りは、10月はじめの金利上昇時に決済すべきでした。
また、決算前に入った玉も失望決算時に切れずにそのまま。。
1730ドルで入って、1630で切って100ドルマイナスとしようと決めていたのに。。
自分の損切り力のなさに、猛反省。。

現物しかやっていないので、死んだというレベルではないですが。。
決めきっていない自分の心の迷いを痛感させられた月でした。

損切りや利確について、いままでの基準、やり方について
振り返る記事を書こうと思います。。この痛みをバネに変えねば。

月初の決算を見て、日本株損切り祭りにしようかな笑
一旦仕切り直さないと精神的負担が大きいっすわ。

投資系ブロガーさんから学ぶ、投資の指針

弐億貯男さんの投資の指針について
ブログのコメントを拾って、まとめてみました。
取引のレベルアップのきっかけにしていければと思います。

サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。

1.銘柄選定

  • 売上目標に対するアクションが記載されていない企業の数字は鵜呑みにしない
  • 配当性向(純利益の中で配当に回す割合)を3割、4割など、投資家に公約している企業は、 投資した後に業績も株価も右肩上がりとなって良い結果につながりやすい
  • 同業種の他銘柄の株価、株価指標を見て、業界内のPERの割安度を図る

1.1 銘柄セクター

  • 製造請負や派遣業界は景気後退期に思いっきり業績が悪化し、株価も下落

1.2 IPO銘柄

  • 新人企業で割安で成長見込める東証二部の公募割れ銘柄などが狙い目。 再IPOなどは新人企業でないのであまり成長を見込めない。

2.エントリー

  • 監視銘柄を多く持ち、妥協せずに購入タイミングを図る
  • 大きな下落時は翌日の方向性をみてから、エントリー。上げてしまっても損はない。生き残ることが大切

3.銘柄運用

3.1 継続保有の判断

  • 銘柄で見ているポイントは、施設の出店ペース、企業の市場環境など
  • 保有株の成長ストーリーと現状の利益額とを勘案して、継続保有か利益確定かを判断

3.2 売買判断

  • 指標だけで売買を判断するのではなく、暴落時に逆張りしたくなる人の心理を想像して売買していくことも重要
  • 大きな期間で考えると日経平均が高値を更新という報道が相次いでいるときは、保有株を売るタイミングで、不況期に日経平均株価が何年ぶりの安値を更新と言われているときは、株の買いタイミング
  • 保有株が下落して買い下がりは、5%は通常暴落で早すぎ。15〜20%(グロース株なら20〜30%)
  • 買う時は少し冷静になって考えたほうが良いものの、損切りの際は躊躇せずに売り切ったほうが結果として良いことが多い

3.3 資金管

  • 連日、日経平均高値更新などのタイミングでは、買付余力を半分ぐらい持つ

4. 利益確定

  • 10%~20%の利益だと少なすぎる。
  • 成長性が高くない割安銘柄は、+30% 通常は50%、銘柄によっては2倍などと判断
  • 高成長でかつ成長トレンドが今後も続きそうだと思えばどれだけ利益が膨らんでも利益を我慢

5. 書いてみて所感

利確、買い下がりにおける%の感覚は、大事だと思います。
損小利大のために、利幅を大きく取って、小さな損を相殺していかなければならない。

まったくもって損切りするっていうことは簡単なようで難しい。
まず、自分の中の明確な基準を持つこと。成長ストーリー崩れや損切り%
そして、躊躇せずに損切る笑。
また暴落の材料の質を見極めて、取引する。金利関係の下落は、想像を絶する。
それでも即切らないと、徐々に首をしめられていくことになる。今の私。。

あとは、慎重なエントリー。値動きの中の感覚で買うのでなく、
かからないであろうレベルのラインの指値
どうせ、ムリだろうという指値にかかるぐらいでも高値圏相場では、まだまだ安心はできない。

米国金利上昇の動向と暴落を予見する金利の見方

FRB(米連邦準備理事会)における利上げによって引き起こされた
米市場の株価暴落相場が続いていますが、
今後の金利引き上げはどのよう進んで行くのでしょうか。

  • 2018年は、今後利上げなし 0〜1回
  • 2019年は、3回
  • 2020年は、1回

という予定があるようです。
中国との貿易戦争や米国の景気状況を鑑みての動きとなりそうですが、
現状の景気動向は、ここ数年で極めて良好との見方があり、想定よりも早期の
利上げが実施される可能性もあります。

2018.10.22 追記)
状況によっては、12月にもう一回利上げがある可能性があるとのこと。
FOMC:最新経済予測で12月利上げの見通し強まるかが注目点に - Bloomberg

金利上昇により巨額のドル建て債務を抱えているアルゼンチンなどの
新興国経済動向も気になります。

金利上昇は、企業だけでなく、国レベルでも影響を与えることになります。

フェデラルファンド(FF)先物の動向は概ね政策金利の一致するようですが、
一度の利上げによる影響の大きさからこの利上げをみると2019年の相場が荒れることは間違いない気がします。。

f:id:tamata78:20181019211944p:plain

画像引用

現状の米国債のチャートを貼っておきます。

f:id:tamata78:20181019205834p:plain

アメリカ 2年 | アメリカ 2年 債券利回り - Investing.com

f:id:tamata78:20181019205843p:plain

アメリカ 10年 | アメリカ 10年 債券利回り - Investing.com

国債10年と2年の金利が逆転する逆イールドにも注意していく必要があります。
本来10年国債の方が償還までの期間が長いため、金利が高くなりますが、それが
逆転する状態を指します。

長短金利差チャート

f:id:tamata78:20181019212147p:plain

逆転までもう少しw
灰色の帯の箇所がリセッションが起こった期間になります。。

10-Year Treasury Constant Maturity Minus 2-Year Treasury Constant Maturity | FRED | St. Louis Fed

また、イールド・カーブがフラット化すると、市場悪化を懸念が強まります。

f:id:tamata78:20181019212130p:plain

米国債利回りの「逆イールド」って何?為替・ドル円相場に影響するのか解説します FX投資家・メイの逆張り相場ブログ

イールド・カーブは、左から順に短期→長期の順で金利が並べられており、 この差がなくなるとフラット化となります。

f:id:tamata78:20181019210309p:plain

https://jp.investing.com/rates-bonds/usa-government-bonds

失敗トレードを振り返り、投資判断を最適化する

損切りや利確スピードが遅い。
保有銘柄の情報を棚卸しすると共に
トレードルールや情報収集について見直して、パフォーマンスを上げる。

そもそもなぜ、損切りや利確に躊躇するのか

  • 利確と損切りの想定がないまたは、複雑で守れていない。
  • 株価確認時に想定よりも大きく下落している。
  • 通期の業績が良いので短期的な下落と判断し、元に戻らないレベルの下落
  • 保有銘柄の情報を掴むのが遅い

シンプルなルールへの更新、業績だけでなく市況を踏まえた取引、
そして、情報収集の効率化が課題。

具体的な保有銘柄から振り返る

現在保有している銘柄の状態を確認して、損切り・利確など
整理を進める。情報収集や取引の時間を減らす予定なので、シンプルにする。

田辺工業(1828)

昇格期待で値上がりして、買い増していったが、
いつまでも昇格しない状況。しかし業績が通期で見るとそこまで悪くないため、
保有し続ける状況となっている。

2/9の米国株の暴落時に大きく下げた際に売りが正解だったのか。
含み益が乗っている状態での淡い期待で含み益を逃したパターン。

昇格期待での値動きだったので、その期待が剥がれ落ちると下落に向かう。
米国金利上げの動きによる市況悪化の影響もあり、大きく下落。

低粗利案件の増加や販管費の増加などにより、直近の業績が低迷したが、
通期(5月14日発表の決算)は、+30%の見通しで、+20%のプラテン近くまでの
上昇を期待したい。そこまでに利上げもしくは別要因の市況悪化がこなければよいが。

学び

  • 暴落時に直近、軟調で利確する対象銘柄を選定しておくと良い。
  • 特別な材料がない状態での買い増ししたくなるような株価上昇は、期待上げ。期待通りに材料が出ない場合は利確や損切りを行う。

フェイスネットワーク(3489)

TATERU騒動の際に指値を入れており、購入。
即仕切り直しすべきだったが、損切りできず。
こちらもズルズル下落。逆張り投資のため、-5%の指値を入れるべきだったか。

現状の長期金利0.2%よりも上昇となれば、即利益悪化となるため、
金利の動きには注意が必要。
-6万とかになってくると損切り躊躇してしまう自分がいる。
11月の四半期決算で持ち直さなかったら、損切りかな。5月まで持てるか自信がない。

学び

  • 指値設定時に、同セクターでの悪材料をチェック
  • 同セクターでの想定していなかった悪材料の連れ安は、即切り。
  • 逆張り銘柄は、-5%〜-10%の逆指値を入れる。

モブキャストホールディングス(3664)

モブは、もう半値まで落ちてきている。どこまで持てるかの肝試しw
この銘柄は、倒産しないかだけを見ておいて、
あとは、利確できるまでひたすら待つしかない。

倒産するかの基準ってなんだろう。

学び

  • 短期投資銘柄は、-5%〜-10%の逆指値を入れる。   

日本ギア工業(6356)

ギアの売上激減による業績悪化、株主優待の改悪などにより株価低迷
株価が低いため、値下がりしてもポートフォリオに与える影響は少ない。
数年後の業績復活を目論んで保有するストーリーになると思うが。。

あまり保有する理由がない。
ただ、新規投資対象もないため、優待をもらって、プラテンまで
保有するという方針もあり。

学び

  • エントリー時のストーリーを明確にし、利確・損切りの徹底。

原田工業(6904)

クオカード銘柄かつ、1部昇格銘柄としての購入。
業績悪化により、かなりの含み損を抱えることになる。
辛うじて、1部昇格の材料を元に反発したが、直近の決算では、
為替による収益悪化と、売上原価率の上昇により収益を多く悪化させ、
今後の見通しも良くない状況。

優待をもらいつつ、5Gテーマなどを材料に業績回復を狙うか。
素直に損切るか。要判断。

学び

  • 優待拡充銘柄への不用意な投資は、痛い目に合う。
  • 同業の銘柄、この場合だとヨコオ(6800)などと比較しつつ、 投資判断をすべき。
  • どういった悪材料が出たら、即切りするかの想定しておく

同業他社と経常利益や有利子負債を比較する。強みをどこにあるか。
昇格、増配余地、配当性向の目標値など鑑みて判断すべき。

メディアスHD(3154)

優待クオカードの拡充と業績好調において、一旦上げていたものの、
一旦売りが続いた。
ただ、病院が医療材料の物流管理を外注化する仕組みのSPDにより
医療材料(消耗品)の販売が好調に推移しており、かつ配当性向も20%〜30%を目処に
配当を行っているもあり、安心して保有できそう。

優待銘柄としての保有なので、どこかでそれ以外の株は売却するかもしれない。

学び

  • 本銘柄も優待銘柄としての投資でも、業績確認を徹底、さっと確認できるように確認事項を挙げておく。
  • 分割後の優待権利以上の株について、エントリー時にストーリーを描いておく。

本銘柄は、契約を取る形のストック型のビジネスであったのが良かったと思う。
こういった点も投資の材料として確認する。

振り返り

  • 優待銘柄への投資時にも業績を踏まえる。
  • ボラリティーが高い銘柄や、逆張りエントリー銘柄は損切りを徹底。
  • 投資ストーリーが崩れた達成したことがわかるストーリを作る。守る。

各銘柄の振り返りによって学んだ内容について、具体的にどう投資行動に落とし込むかについて別記事でまとめてみる。

株取引で落とせる経費

事業所得やFXなどの雑所得に関しては、
管理費などの経費申請ができるというのはなんとなく知っていたのですが、
株取引についても経費申請ができるという情報がありました。

経費申請ができる費用ついては以下のようなものがあるそうです。

  • 投資関連セミナー参加費
  • トレーダー仲間との親睦会費
  • PCで株取引している場合はPC本体(購入時のみ)
  • PCやスマホ通信費

株取引に関連して使った経費。
支払ったことでリターンがあると考えて支払った経費と考えるとわかりやすいかも。

あまり、メジャーな申請でないので、経費申請リスクもあるみたいですが。

この記事で紹介したように株式等の譲渡所得等から経費を引いた申告書は少数だと思われますので、目立つことは確かです。あまり無茶な申告をすれば税務調査が入るでしょう。計算根拠の提出を求められ、否認されれば追徴や加算税といった処分も考えらえれます。その際には、税務署員に対し税法を根拠に理路整然と説明できるか否かにかかっています。

上にも書いたように、税務署員ですら不確かな知識で平気で間違った指導をしてくる可能性がありますから、税務署員とやり合う自信がない方にはお勧めできません。

特定口座の株の申告で経費は引けないと思っていませんか?税理士や税務署員も知らない税制 - Markの資格Hack (税理士試験)

その他の参考URL

株の確定申告はしないとばれる?経費で落ちる意外なもの | ZUU online

全体的に復調の兆し 積立投信運用成績 2018/09

保有投信は、先月より全体的に復調。
米国株は、金利上昇が懸念が薄れて来たため、
懸念事項は、米中貿易摩擦ぐらいでしょうか。

米国投信へ集中させたい気持ちがむくむく出てきちゃいます。
そろそろ特定口座分の投信は決済してしまおうかと思います。来月かな。

積立合計金額:316,295円
損益:+21,448円(+6.78%)

日本株少し復調の兆し、米国株は強い。 日本・米国株投資成績 2018/9

安倍首相の再選により、2月から続いていた悲観相場も
ようやく希望の光が見えてきたでしょうか。
日経平均も27年ぶりの高値圏になり、24,000台に到達。

ただ、恩恵を受けているのは大型株で、
小型株・優待株にはあまり資金が戻ってきている感覚はないです。

保有株はAmazon下落時に少し買い増ししています。
日本株は引き続き、全体的に含み損を抱えております。。
損切りの基準が曖昧でズルズルしている銘柄が多数。
含み損でも確信を持って保有したい。

保有株の現状

2018/9/29 現在

日本株

投資金額 評価金額 損益 総資産当たりの前月比
2,625,400円 2,439,900円 -185,500円 -1.61%
年間累計損益 年初来パフォーマンス 総累計損益
521,380円 +12.23% 1,269,804円

※税引前、配当益除く
※年初来パフォーマンスは、総投資額に対する確定利益

米国株

マネーフォワードの円換算における投資額、評価額を元に計算。

投資金額 評価金額 損益 総資産当たりの前月比
2,884,913円 3,671,658円 +786,745円 +3.58%
年間累計損益 年初来パフォーマンス 総累計損益
0円 0円 0%

※税引前、配当益除く
※年初来パフォーマンスは、総投資額に対する確定利益


※画像は、米個別株の部分のみを抜粋して掲載しています。

取引

日本株

取引なし

米国株

買い

AMZN 3株 1931.5ドル 追加

ハイテク株が全体的に軟調なったタイミングで買い増し。
米国株内のアマゾン比重が3分の1ぐらいになった。

保有株の現状へのコメント

個別銘柄の分析がほぼできていないので、
損切りも買いも感覚になってしまっている。
各銘柄の今後の業績や見通しについて確認する時間を取る。

日本株

一時、-30万ぐらいまで到達したが、9月の後半に
原田工業やメディアスHDに資金が戻ってきたのと、
グットコムアセットが来月権利日ということもあり、買いが入り少し持ち直している。

ただ、田辺工業が持ち直してくれないと保有銘柄全体の損益としては、
プラ転にならないだろう。

また、日本ギア工業は、優待改悪があったため、下落基調。
復調を狙って保有し続けるか否か。

フェイスネットワークは、落ちるナイフづかみ。
不動産銘柄がTATERU騒動で、軟調かつ、フェイスネットワーク自体も現状は
業績不調(赤字)。今後の展開は、次の決算状況による。

ちなみにメディアスHDが、みなし配当で、-1万6千円が確定された。
投信でいうタコ足配当にあたるものだろうか。
配当よりも大きいマイナスなので、ちょっと残念。
配当の払い出し+なにかの支払いが発生しているのだろうか。。
勉強不足でこの差分はわからない。誰か教えて欲しい。。

米国株

高配当銘柄のMCD、JNJ、MMMあたりが、米国の金利上げにおける大幅下落より
復調してきており、JNJは買値到達、それ以外ももう少しで買値に到達しそう。
AMZNへの追加投資の結果、ドルキャッシュ比率が6%まで減少。
何かを利確してキャッシュ比率を高めようか。。

今後の方針

プログラムによる取引履歴の自動書き込みツールの作成に注力していたが、
まだ、完了できず。最低限の機能作成まではやりきりたい。

業績の確認に関しては、効率的なやり方を確立して、
最低限のレベルの情報を把握しておけるようにする。
決算短信のここだけは読むとか、かぶたんの決算情報のここだけは見るとか。

また、短期売買で必要な知識などももう少し身につけて
エントリーや手仕舞いの精度を上げる。損切りができない初心者を抜け出さないと。
単に損切ればいいという話でもないので、業績も絡めて判断できるように。。