読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金と健康について学び、豊かな人生を送る

大事だけど軽視しがちなお金、健康の知識に関して、有益な情報を提供していきます

株式取引が可能な日、時間は?

取引が可能な日

平日(土日祝、12/31、1/1〜1/3を除いた日)です。

年末年始の取引

年末:12/30まで
年始:1/4から

株取引時間は通常通り
前場 AM9:00~11:30
後場 PM12:30~15:00
※ 昔は確か前場のみだったが、例外のシステムトラブル発生があったため、
通常の取引時間に変更になったそうです。

取引が可能な時間(立会時間)

東京証券取引所:9:00〜11:30(前場)、12:30〜15:00(後場)
東京以外:9:00〜11:30、12:30〜15:30 東証よりも30分長い

寄付と引け

立会時間の開始と終わりの値段は取引をする人にとって非常に重要であるため、名前がついています。

寄付:立会時間の開始に付く値段
引け:立会時間の終わりに付く値段

前場後場では特に以下のように呼ばれています。

前場後場における寄付と引け

時間帯 時間 名前 補足
前場 9:00 寄付 開始1時間は株価が勢い良く動く、10時頃から動き少なくなる
前場 11:30 後場寄り 11:15〜11:30頃に活発化、昼休みに出るニュースで相場が動くため、ポジションを閉じる動き
後場 12:30 引け(前引け) 12:30〜13:00頃に活発化、後場の勝負タイミング
後場 15:00 大引け 14:45〜15:00に手仕舞いと翌日のポジション取りで活発化

f:id:tamata78:20161008215604p:plain
図引用先

寄付と引けの値段は必ずしも開始直後や終了間際に決まらない

  • 売買の注文が成立しない場合、10時に寄付の値段が出る場合がある
  • 売買の注文が成立しない場合、15時前の値段が大引けとなることがある(ザラ場引け)

参考URL

株はいつ買えるのか?前場、後場とは | 株式情報センター
仕事は午前中の2時間だけデイトレで毎日稼ごう!|個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖!|ザイ・オンライン