お金について楽しく学び、豊かな人生を送る

大事だけど軽視しがちなお金の知識に関して、有益な情報を提供していきます

SBI証券 外貨資産の売却を分離課税対象とする

結論として、外貨建てMMFとして購入すると
売却時は、譲渡益扱いとなることで分離課税対象(税率20.315%)となり、
為替差益扱いとしての雑所得扱いとならないため、多額の税金を徴収されなくて済みます。

ドル資産をSBI銀行でドル転して、SBI証券に移動させていたのですが、
外貨建てMMFにすると雑所得扱いにならないよとの情報を他のブログで見かけたので調査してみました。

SBI証券での購入のみで確認してます。
間違いあれば、ご指摘いただけると幸いです。

外貨建てMMFの購入

SBI証券では円貨決済で外貨建てMMFを購入できます。
円で外国投資信託を買うような形になります。
このため、ドルを挟まずにドル資産を購入可能となります。

※ドル転後に外貨建てMMFを購入してしまうと
ドル転時に為替取引を行っているため、円転時に雑所得とみなされてしまいます。

実際には裏でドル転されていますが、SBI側での取扱いになります。
その時点の為替レートは反映された価格にはなりますが、為替取引とはみなされません。

参考URL
外貨建MMF円貨決済サービス開始!円貨から購入可能に!

外貨建てMMFの売却

売却時も円として受け取れ、
税金は譲渡益としての分離課税のみが課せられることになります。
売却時も購入時と同様にドルで受け取ると為替取引として判断されるため、
米国株を買うための余力としては、やはりドルで保有する方が良いと思います。

外貨建てMMFへの税金についての参考URL
証券税制変更「債券・公社債投信の税制が申告分離課税に変更となりました」

古い記事ですがこちらも参考になります

【関連情報】米国株を購入する場合

外貨建てMMFを購入する場合と同様に、米国株を円貨決済すると為替取引としてみなされず
米国株を日本円で売却した場合は、譲渡益としての分離課税対象とすることができますが、 こちらの場合、為替と株価を両方考慮して、取引を行う必要があります。
タイミングを図るのが難しくなります。
為替差益は微々たるものなので、気にしないで取引するというのも手ですが。

受渡金額を円で受け取る方は、円貨決済で購入することを考慮したほうが良いですが、
ドルで受け取る方は、ドル転した後に株を買う方がシンプルな取引ができると思います。

参考URL
https://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/home/kouhu/foreign.pdf

(1)源泉徴収方法および還付金
円貨決済においては、国内約定日の為替レート確定日に受渡金額が確定いたしますので、損益通算
後、国内約定日の夜間に売却代金から譲渡益税を徴収いたします。