読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金と健康について学び、豊かな人生を送る

大事だけど軽視しがちなお金、健康の知識に関して、有益な情報を提供していきます

投資家に人気のバンガード社のEFT

バンガード社のEFTの中で人気のあるものを調べてみました。
中長期の保有で収益を上げることができるEFTたちです。

バンガード社のEFT

特に人気の高いEFTを一覧化してみました。

ティッカー 日本名 価格(ドル) 信託報酬 主な投資先 配当利回り(参考)
VTI バンガード・トータル・ストックマーケットETF 119.54 0.09% 米国株式市場の銘柄(大型・中型・小型株) 2.46%
VYM バンガード・米国高配当株式ETF 76.6 0.09% 高配当の米国株 大型株で予想利回りが市場平均以上の銘柄 3.50%
VOO バンガード・S&P500ETF 212.57 0.05% S&P500指数 S&P500は、米国市場の主要銘柄を代表する500銘柄(大型株)で構成 2.47%
VT バンガード・トータル・ワールド・ストックETF 63.82 0.14% 世界中(先進国や新興国)の大・中・小企業の株式に投資 47ヶ国で8000銘柄 2.93%
VWO バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF 38.91 0.15% 世界の新興国22ヶ国の大型株と中型株 (中国・台湾・インドで50%以上) 1.78%

※ 価格は2017.2.11時点

VTI(バンガード・トータル・ストックマーケットETF)

特徴

・値上がり益と配当益の両方を得られる。
・S&P500連動のSPY、IVVに続く3番目の純資産額
・米国ほとんどすべての株式に投資するETF。カバー率は99.5%
・構成銘柄が4000近くある
・信託報酬は0.09%
・配当 年4回(3・6・9・12月)

チャート

f:id:tamata78:20170211080248p:plain

2017.2.11時点

保有上位銘柄

f:id:tamata78:20170207224453p:plain

高配当、連続増配銘柄を含みつつ、
アメリカを代表する無敗銘柄も入っています。
小型株も取り込んだEFTなので、当たれば、成長スピードが大きいです。

その結果、配当も値上がり益も得ることができるEFTとなっています。
1位のアップルでさえ2%半ば
2位のマイクロソフトで1.94%。
よく分散されていることがわかります。

セクター別構成比率

f:id:tamata78:20170207224535p:plain

VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)

特徴

・信託報酬は0.09%
配当利回り3%~3.5% 株式ETFの中では確かに高配当なETF
・FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックスへの連動を目指したETF
・配当 年4回(3・6・9・12月)

チャート

f:id:tamata78:20170211080442p:plain

2017.2.11時点

保有上位銘柄

f:id:tamata78:20170207224706p:plain

  • マイクロソフト(MSFT)は歴史が浅いですが、増配率が近年、高い
  • エクソン・モービル(XOM)は言わずと知れた石油メジャーを代表する銘柄
  • フェイスブックやアマゾン、グーグルなどは高成長ですが、無配のため、入っていません。 ここがVTIと大きな違いですね。

セクター別構成比率

f:id:tamata78:20170207224725p:plain

消費財が多い、公益・通信は安定高配当なので、
順当な組み入れと言えそうです。

VOO(バンガード・S&P500ETF)

特徴

・信託報酬は 0.05%
配当利回り3%~3.5%
・S&P500指数のパフォーマンスへの連動を目指したETF
・配当 年4回(3・6・9・12月)

チャート

f:id:tamata78:20170211080526p:plain

2017.2.11時点

保有上位銘柄

f:id:tamata78:20170207224314p:plain

  • アルファベット(google)、アマゾン、バークシャーハサウェイ(バフェット氏)は配当なし

セクター別構成比率

f:id:tamata78:20170207224355p:plain

VT (バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

特徴

・世界中(先進国や新興国)の大・中・小企業の株式に投資
・投資先が47ヶ国で8000銘柄で全世界の市場時価総額の98%以上をカバー
・信託報酬は 0.14%
配当利回り2.93% 2017年1月時点
・FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスへの連動を目指したETF
・配当 年4回(3・6・9・12月)

実際には、時価総額の比重などで50%以上が米国株投資。

チャート

f:id:tamata78:20170211080627p:plain

2017.2.11時点

国別構成比率 上位10カ国 (%)

f:id:tamata78:20170210234857p:plain

保有上位銘柄

f:id:tamata78:20170210234919p:plain

VWO(バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF)

特徴

・世界の新興国22ヶ国の大型株と中型株に投資するETF(中国・台湾・インドで50%以上)
・信託報酬は 0.15%
配当利回り1.78%
・FTSEエマージング・インデックスへの連動を目指したETF
・配当 年4回(3・6・9・12月)

チャート

f:id:tamata78:20170211080704p:plain

2017.2.11時点

国別構成比率 上位10カ国 (%)

f:id:tamata78:20170210234107p:plain

保有上位銘柄

f:id:tamata78:20170210234243p:plain