読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金と健康について学び、豊かな人生を送る

大事だけど軽視しがちなお金、健康の知識に関して、有益な情報を提供していきます

信用取引で必ず知っておきたい追加保証金(追証)

株主優待 資産運用

追加保証金

信用売りは、最低保証金額(一般的には30万)があります。
これを下回ってしまうと、追加保証金(追証)を要求されます。
その後、追加入金を行わないと、強制的に決済されてしまいます。

追加保証金ルール

カブドットコム証券の場合のルールを記載します。
最低限以下の条件を維持する必要があります。

2017年2月4日時点

最低保証金額 委託保証金率 最低保証金維持率
両取引の保証金を合算して30万円 両取引の建玉を合算して30% 両取引の建玉を合算して25%

最低保証金額維持率を下回った場合、委託保証金率(30%)まで回復するように
入金する必要があります。
この委託保証金が追加保証金(追証)を指します。

下回った場合は、下回った日の2営業日後の正午までに、追証を入金します。
入金がされず、5営業日経過後または、保証金維持率が20%を下回った場合、
強制決済(売り建玉が反対売買)されてしまいます。

注意点

一度、不足金が出た場合、株価が上がって、不足金が解消されたとしても
不足金の入金が必要となります。

保証金余力は余裕を持たせて入金したいですね。

関連用語

保証金余力

保証金が最低保証金額(一般的には30万)を
どれだけ上回っているかということ。

保証金余力が10万円ということは、
預けてある担保が、30万円を10万円上回っているということを意味します。