読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金と健康について学び、豊かな人生を送る

大事だけど軽視しがちなお金、健康の知識に関して、有益な情報を提供していきます

IPOの当選確率を上げる方法(資金効率上げ、申込み回数を増やす)

当選確率を上げるIPO申し込み優先順序

資金効率と当たりやすさに注目して優先順位を決めています。

1. 抽選時に資金不要の会社

岡三オンライン証券野村證券東洋証券 ⇛ (いちよし証券 ※電話申込が必要)

2. 完全公平抽選を行っている会社(資金力に影響しない抽選)

IPOを扱う数が多い順に記載します。

SMBC日興証券マネックス証券松井証券カブドットコム証券 (⇛ GMOクリック証券(扱う数が少ない))

完全公平抽選のため、1口座で最大1口しか当たらないため、1口(1単元株分)のみを応募する。

3. 主幹事になりやすい証券会社

主幹事になりやすいため、割当株数が多い。そのうちインターネット取引は10%程度。
大和証券(ネット15%割当、他の大手証券会社は10%) ⇛ UFJ証券 ⇛ みずほ証券

4. 口座を持っている人が少ない穴場の証券会社

穴場だけど、意外にIPO取扱い回数が多い証券会社
岩井コスモ証券東海東京証券丸三証券

5. 口数比例の証券会社

口数に応じて当たる確率が上がるため、残りの資金を投入して、できるだけ多くの口数を申し込む。
SBIのみ。 人気度が低い場合も、1口(100株)のみ応募して、抽選ハズレで貰えるチャレンジポイントをゲットしとく。

申込み機会を更に増やす方法

  • 資金効率を上げて申込み機会を増やす
  • 抽選の時間差を利用して、申込み機会を増やす

資金効率を上げて申込み機会を増やす

証券会社各社において資金が必要になるタイミングを抑えて、 少ない資金の場合に資金を使いまわして行きます。

IPO 各証券会社の資金が必要になるタイミングと資金拘束

ジャパンネット銀行を使って、効率的に資金移動をすることも重要です。
IPOで複数証券口座を扱うならジャパンネット銀行に口座開設すると便利

抽選の時間差を利用して、申込み機会を増やす

他の証券会社の抽選結果後に資金を移動して、抽選が可能な証券会社があります。

対象証券会社

カブドットコム証券、松井証券楽天証券GMOクリック証券、岩井コスモ証券の5社 特に、カブドットコム証券は毎年IPOの取り扱いが非常に多い証券会社なので、口座を作成しておいて損はないとのこと。

二段階抽選

ブックビルディング(BB)を行い、購入申込後に抽選が実施される。購入申込は短めなので、注意する。

楽天証券の場合は以下となる。

f:id:tamata78:20161114204746p:plain
BB期間にBB申込みを行い、購入申込期間に購入申込みを行うことで抽選が可能。
購入申込期間の翌営業日の夕方に抽選結果が出る。
当選すると自動購入となり、キャンセルはできない。

BBの締め切り時間

SBI証券:BB申込終了日の11時まで。よって前日までに申し込んでおいた方が良い。

当選確率を上げるその他の方法

  • 証券口座を複数会社に開設する
  • 完全公平性抽選を行っている「マネックス証券」や「SMBC日興証券」で申し込む。 ⇛ 資金に寄らず1口座に対して平等に抽選される
  • IPO対象銘柄の主幹事の証券会社に申し込む(当選枚数が10倍ぐらい違ったりする。例) 主幹事会社:1000枚、引受会社100枚など)
  • SBI主幹事の場合は、投資用資金を全額投入する(申込みだけなら、リスクなし。口数比例なので、当たりやすさも申込口数に比例する)