読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金と健康について学び、豊かな人生を送る

大事だけど軽視しがちなお金、健康の知識に関して、有益な情報を提供していきます

IPOで複数証券口座を扱うならジャパンネット銀行に口座開設すると便利

ジャパンネット銀行の口座を開設するメリット

  • ジャパンネット銀行から各証券会社へ無料で入出金が可能
  • 入金した金額がリアルタイムですぐに証券口座に反映
  • 提携先証券会社が各銀行の中で一番多い。IPOで抽選する際の資金移動が超絶便利

即時入金サービス対応表

口座開設しようと思った理由

大和証券みずほ証券SMBC日興証券野村證券などに楽天銀行から即時入金をさせようと思ったら、 提携先銀行にありませんでした。

すべての証券会社の提携先にあったのはジャパンネット銀行
他は大手の銀行(みずほ、三井、UFJなど)などしかない。
大手銀行は個人的な貯金口座に使っていたり、ダイレクトの申し込みをしていなかったので ジャパンネット銀行に口座を作成することにしました。

ジャパンネットの基本情報

2016年10月26日時点

提携している証券会社

以下の証券会社からは無料で即時入金が可能

f:id:tamata78:20161026203234p:plain

参考までに基本情報をを以下にのせておきます。
基本的にジャパネット銀行はATMから引き出したり、振込を行う際にはさほどメリットがありません。
証券会社からの入金指示や出金指示を受けての無料の資金移動のみに使うのが無駄のない使い方だと考えています。

各種手続きの手数料など

手数料(同行間) 手数料(他行宛) 提携ATM利用手数料 ポイント 備考
54円 3万円未満:172円、3万円以上:270円 毎月最初の1回は無料、2回目以降は入出金の金額による以下に詳細を記載 Tポイントの現金交換 Tポイント交換レート:100ポイント ⇒ 85円

提携ATM利用手数料

  • 毎月最初の1回は無料(入金・出金それぞれ1回)
  • 毎月2回目以降
    • セブン銀行ATM、Enet、ローソンATM、三井住友銀行
      • 3万円以上:無料、3万円未満:162円
    • ゆうちょ銀行
      • 3万円以上:無料、3万円未満:324円

提携ATM利用手数料|手数料|ジャパンネット銀行

参考URL

提携企業のご紹介|ジャパンネット銀行