読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金と健康について学び、豊かな人生を送る

大事だけど軽視しがちなお金、健康の知識に関して、有益な情報を提供していきます

指値注文と逆指値注文とは?

指値注文

決まった価格で売る、買う注文です。

  • 割安に株を買いたい (現在価格が110円の時に、100円の指値で1000株の買い注文)
    • 価格が下がっていったときに買う
  • 少し高く売りたい (現在価格が200円の時に、300円の指値で1000株の売り注文)
    • 価格が上がっていったときに売る

指値注文

決まった価格になったら、指値、または成行で注文すること。
指値注文は、指値注文と売り買いのタイミングが逆になります。

  • 〜円以上下がったら、損切りしたい (現在価格が110円の時に、100円の逆指値で1000株の売り注文)
    • 価格が下がっていったときに売る
  • 価格が上がり始めたら買いたい (現在価格が200円の時に、300円の逆指値で1000株の買い注文)
    • 価格が上がっていったときに買う

指値には指値注文と成行注文があります。
上昇・下降トレンドで確実に約定させたい場合は逆指値の成行注文にする。

指値注文と成行注文の約定の優先順位(買いの場合)

成行注文は指値注文よりも優先されます。いくらで約定されるかわからない不安はありますが、 早く約定させたいときはこちらを選ぶことになります。

  1. 成行注文
  2. 指値注文 (指値の注文株価が高い)
  3. 指値注文 (指値の注文株価が安い / 注文が早い)
  4. 指値注文 (指値の注文株価が安い / 注文が遅い)

約定(取引成立)しないって事があるの?-株式投資質問集

各証券会社の注文機能

現在、指値注文と逆指値注文はほぼすべての証券会社で使用可能な注文方法となっています。

参考URL

http://orekabu.jp/limit-order/:titile