読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金と健康について学び、豊かな人生を送る

大事だけど軽視しがちなお金、健康の知識に関して、有益な情報を提供していきます

口内炎原因ってなんだろう?口内炎になりにくくするためには?

口内炎の主な原因

口の中が傷つき、細菌が繁殖することで炎症を起こす。 原因は以下の2つがある。

  1. 外からの刺激
    自分の歯で頬や舌を噛んでしまったり、食べ物や歯の摩擦で、口の粘膜に傷をつくったりする
  2. 内からの刺激
    睡眠不足やストレスなどの体調不良により体力が低下したときや体質やウイルス感染など、体の中から口の中に自然と傷を発生させてしまうことなど

口内炎の原因たち

  • 外からの刺激
    • 唾液の量が少なく、口の中が乾燥している
    • 食べ物で口の中を傷つけた
    • 口の中を噛んでしまった(歯並びが悪い)
    • 食事の食べ方が早い。結果的に口の中を傷つける
    • 歯磨き粉が合わない、歯磨きの仕方が悪い
    • 口の中を不潔にしている
    • 鼻通りが悪く、口呼吸している
  • 内からの刺激
    • 生活習慣が悪く、ストレスや睡眠不足、風邪、体調不良
    • ビタミンB2が不足している
    • お酒を飲む

各原因について気になるものをピックアップ

唾液の量が少なく、口の中が乾燥している

唾液は口の中を細菌から守ってくれるため、分泌量が少ないときは 細菌が増えやすい状態にあり、口内炎になりやくなります。 ガムを噛んだり、アメを舐めたりするなど唾液の分泌を促すとよい。

歯磨き粉が合わない、歯磨きの仕方が悪い

歯磨き粉に含まれる「ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)」は口内炎の原因となる可能性がある。(ノルウェーのある調査)
「デンターのGUM」は、ラウリル硫酸ナトリウムが含まれていないので良いかもしれません。

誤った歯のブラッシングも口内炎の原因の一つとなる。
強く歯を磨く人は、舌、頬の粘膜、歯茎を傷つけないように、磨く。

ビタミンB2が不足している

ビタミンB2は、皮膚や粘膜の成長を促す働きを持っているため、このビタミンが不足すると、口内炎の原因となりうる。
口内炎とビタミンと食べ物 : 口内炎の治し方や、原因を知り、早く治す方法

口内炎の時に、とにかく食べておきたい食べ物

  • ビタミンB2を多く含む食べ物
    • 豚のレバー
    • 1日に必要なビタミンB2
      • 成人男子なら1.6mg
      • 成人女子なら1.2mg
      • 1日に50gの豚レバーを食べれば十分
  • はちみつ
    • ハチミツの粘性が患部をカバーして くれると共に、殺菌・消炎作用がある
  • ビタミンB1を多く含む食べ物
    • 豚肉、うなぎ、たらこ、小麦や玄米などの穀類、落花生や大豆などの豆類
    • 上記に「たまねぎ」や「にら」を加えると、ビタミンB1の吸収が高まるため、より効果的
    • ビタミンB1を多く含んだオススメ1品料理は「豚のしょうが焼き」です。うなぎの蒲焼も良いが高い

食事の食べ方が早い

食事をよく噛まずに早食いする人は、唾液の分泌が悪くなり、口内炎の原因になりやすくなります。よく噛まないと、当然、胃にも負担がかかるため、口内炎の原因になります。

# 参考URL 口内炎の原因!がんや病気の危険もあるので、子供でも注意!